男性

医療事務の資格を取るなら此方|頼られる人材に

働きながら通える

ナース

看護師になるための勉強ができる専門学校は、日中だけでなく夜にも通えるようになっているので仕事がある方でも安心です。入学先を決めるときには自宅近くの立地にある専門学校を選ぶような工夫をすれば、長く通いやすくなるためおすすめです。

読んでみよう

知識を十分に身につける

看護師

看護学校を選ぶ際は、学費や通いやすさだけでなく自分が無理なく勉強についていけるのかといった学力も重視する必要があります。大学を卒業することは、国内だけでなく海外に就職する際もメリットになると言えます。

読んでみよう

障害をサポートする仕事

メンズ

病気や事故などで手足を失った人が使用する、装具の製作を行う仕事を義肢装具士と言います。この仕事に就くには、義肢装具士の国家資格が必要になります。国家試験に合格すれば、義肢装具製作所やリハビリ施設などで働くことになります。

読んでみよう

病院の事務方として働く

複数の男女

高い就職人気を誇る

病院やクリニックなどの医療機関においては、診察・治療・看護といった本来業務のほかに、一般企業と同様の事務仕事も存在します。そのような医療に関連した事務全般を、医療事務といいます。現在、就職市場において医療事務は人気の高い職種の1つとなっています。その理由としては、1つは安定性の高い医療現場における仕事だという点が挙げられます。そしてもう1つ、医師や看護師などと違って特別な資格がなくても仕事に就けるというのも大きな理由となっています。ただ、いくら資格は必要ないと言っても、職場自体が医療という非常に専門性の高い業種に属しているため、ある程度の専門知識は必要です。そのため、この仕事に就こうと考えている人の多くは、事前に専門講座などを受講してから就職に臨むケースが目立っています。

専門知識があれば有利

医療事務に資格は必要ないと先に述べましたが、求人に応募する際のアピールポイントとして何らかの資格を保有することはむしろ推奨されるべき事柄です。現在ではいくつかの民間団体が独自の資格認定を行っており、取得しておけば専門知識を持っていることの証しとなります。医療事務の中で最も専門性が求められるのが、レセプト事務です。これは、医療機関が保険者に対し、保険診療分の報酬を請求する際に必要な業務です。治療の内容や薬の種類・数などを正確に把握し、報酬を算出して請求書を作成したり、オンライン請求を行ったりします。医療事務の資格認定は、このレセプト事務の処理能力をチェックするのが基本となっています。薬価などが記載された大部の資料から必要な情報を素早く読み取り、報酬を正確に計算する能力が求められます。