障害をサポートする仕事|医療事務の資格を取るなら此方|頼られる人材に
レディ

医療事務の資格を取るなら此方|頼られる人材に

障害をサポートする仕事

メンズ

義肢装具の製作

義肢装具士は、病気や事故などで手足を失った人が使用する装具を製作する仕事です。義肢とは人工の手足のことで、義手や義足をまとめて呼ぶ言葉です。義肢職人ではなく、「義肢装具士」と呼ばれる理由は、義肢装具を作るだけでなく、身体に義肢装具がきちんと適合するまでを担当する仕事だからです。身体機能に障害を持つ人が使いやすいように、義肢装具を調整する必要があります。医療機関やリハビリを行っている施設などに関連性のある仕事です。技術の発達が進んでおり、細かい動きができる義手や走ることのできる義足が作られていますから、利用者のニーズが高まっています。利用者のニーズに合ったものを作るのが、義肢装具士の仕事になります。

国家資格を取得

義肢装具士になるには、国家資格を取得する必要があります。高校卒業後、義肢装具士養成課程のある専門学校で学ぶか、技能検定を受けて養成施設で学ぶ方法などがあります。ほかの国家資格と大きく異なる点は、義肢装具士は知識だけでなく、実際に義手や義足を作らなければなりませんから、養成施設に通う必要があることです。養成施設に通って、患者さんの身体に合ったものを作る技術を学びます。国家資格だけ取得するのではなく、義肢装具士として義手や義足を作るための技術が必要になります。国家試験に合格した後は、義肢装具製作所などに就職します。また、依頼する人が医療機関やリハビリ施設などにいますから、そのような方々の障害をサポートする仕事になります。